さをり工房MENOへようこそ!

さをり工房MENOは、大阪府阪南市に教室を置き、広く生徒さんを募集しています。
教室の概要、料金などはこちらのページへ → さをり織り教室のご案内
お問い合わせは、右側の連絡フォームから、もしくは、メール mukubkk@gmail.com
あるいは、電話 080-3988-5990までお願いします。


2018年5月20日日曜日

箱作の様子


里海公園です。ハーブ園がとっても良い香り。
モデルは私の愛犬ルークです。


香りの元は満開のカモミールとラベンダーでした。

海では大きな魚がピョンピョン飛び出します 。
ルークは魚が取りたくてしょうがありません。

芝生の上でゴロンゴロンすると最高に気持ちが良いです。

夕方には美しい夕焼けも見えますよ。
「さをり工房meno 」に来た時は里海公園にも寄ってみてね。
夏は美しい海水浴場になります。


夏用リネンのストール他


木香薔薇が満開の頃リネンのストールをたくさん織りました。

ウィンドウウィービングです。
わざとタテ糸を作るときに綜絖を時々空けて通し、横糸を織るときも時々隙間を開けるようにして織っていきます。
とっても涼しげです。

ポーランドのヤノフ村の絵織物を本を見ながら織ってみました。
ちょうど良い筬と糸がなかったので、なんとなく縦長になってしまいました。
二重織りという技法のようです。
楽しいですが時間がかかります。

オーバーショット織りにも挑戦しています。
バッグにしようと思います。

自分の作品(草木染め)


一気に温かくなって、庭が雑草のジャングルになっていたので、慌てて庭のヨモギで草木染めをしました。

ついでに数年前から放置していた紅梅の枝も染めてみました。

そして、初めて買ってみた天然の藍の溶液も使ってみました。

向かって左から紅梅、藍、ヨモギです。
綿の布ですが、きれいに染まりました。

糸も染めましたが、ガサツな私はいつもグチャグチャにしてしまいます。

染めた糸を使って組織織りしてみました。
自分の染めた糸を織り込むってなんとも言えず幸せな気持ちでした。
もっともっと自然の恵みで染めて、それを織り込んで作品作りをしたいと思います。

生徒さんの作品(夏用メビウスストール)


こんなステキなメビウスストールを織られたTさんです。

約3時間で完成しました。

所々にクズ糸をはさんだりしながら一応同系色でまとめられました。


最後にタテ糸を横糸にして織り込んでいきます。
器用なんですね⁈
すっごくきれいです。
綿100%なのでいっぱい使っていっぱい洗って使ってくださいね〜。

生徒さんの作品(スカート用)


久しぶりでAちゃんが織りに来てくれました。

幅広でスカートになる予定です。

端のきれいなこと。
この日の目標は両端をきれいに織ることだったそうです。
2色交差をするときもとっても丁寧に織り上げてました。
糸は張りのある和紙の糸を使いました。


前に手作りのお菓子を飾ったときに余っていたリボンを持ってきて途中織り込みました。
Aちゃん、前は有名なお菓子屋さんのパティシエだったそうです😍
美味しいお店の情報いっぱい聞きました👌

持っていた古いデニムのスカートにさをり織りの布を貼り付けてリメイクされたスカートを着て来てくれました。
すごく可愛いです。

トートバッグもさをり布でおしゃれになってます😍
アイディア満載で楽しいです。
又いろいろアイディア教えてくださいね〜。

生徒さんの作品(CちゃんとJさん)


堺から毎月来てくれるアメリカ人のCちゃんが初めての4枚綜絖「ローズパス」という組織織りに挑戦しました。
先ずは足をいろいろ踏み替えて好きな模様を探します。

気に入った模様を好きな色でプレゼント用の布を織りました。
さあ、何になるのかな〜。
楽しみです。

アメリカ人のCちゃんとニュージーランド人のJさんです。
2人ともさをり織りが大好き。

Jさんの作品。
先ずはテーブルセンター。
手芸が得意なJさんなので仕上がりもとっても丁寧で綺麗です。

楽しくなって、予定を変更してもう一品。
ストールも織られました。
とっても似合ってます。

Cちゃんの挑戦。
水衣織りです。
アメリカの友達のために織りました。
カヌーをされるお友達にぴったりの織りです。


もう一品はお母様へのプレゼントです。
お母様の好きな色をたくさん入れて織りました。

生徒さん達の作品(OさんとHさん)


新しい織りに挑戦のO さんです。
タテ糸追加、浮き織り、絡み織り、フワフワ織り、ノッティングでタペストリーを作りました。
とっても器用なOさん、すぐに新しい技を覚えて織っていかれます。
私の方が普段使わない織りのやり方を忘れていてご迷惑をおかけしました〜(汗)

ちょうど4枚綜絖の織り機にセットしてあった「ローズパス」というパターン織りにもちょっとだけ挑戦していただきました。
足の踏み替えを変えるだけでどんどん模様が変わって行くのが面白いです。

プレゼント用にストールを織られました。
元気が出る赤色。
2色交差が効いています。

この日はO さんとHさん、一緒に来てくださいました。

O さんのもう一枚のプレゼント用ストール。
いい感じで織りのゆるい所と詰まった所を作られてとても涼しげなストールに仕上がりました。



Hさんは数回に分けて水衣織りに挑戦です。
とても細い糸と波板を使うので、とっても時間のかかる根気のいる作業です。
でも、お仕事の丁寧なHさん、きれいな水面模様が出来上がっています。