さをり工房MENOへようこそ!

さをり工房MENOは、大阪府阪南市に教室を置き、広く生徒さんを募集しています。
教室の概要、料金などはこちらのページへ → さをり織り教室のご案内
お問い合わせは、右側の連絡フォームから、もしくは、メール mukubkk@gmail.com
あるいは、電話 080-3988-5990までお願いします。


2017年10月9日月曜日

10月の宮崎の予定が決まりました

10月17日〜24日宮崎に帰ります。
さをり織りは、10月18〜23日できますよ。
10月19日は満員になりましたが、他の日はまだ余裕があります。
夜間もできるので電話かメールでご予約ください。
なお、大阪教室は10月12日(木)、10月15〜25日がお休みになります。
よろしくお願いします。

新しい織り(ブンデンローゼンゴン)

最近、「さをり織り」以外の織りに挑戦しています。
でも、「さをり織り」をやめたわけではありませんからご心配なく。
これは4枚綜絖でできるスウェーデン織り(ブンデンローゼンゴン)というもの。
自分でデザインを考えて好きな図柄を織ることができます。
一段に4本ずつ糸が入るので分厚い布が出来上がります。
もともと寒い北欧でこの分厚い織り布を窓際にかけて部屋を温かくするためにできたのだそうです。
柄が可愛いのでフレームに入れて壁掛けにしたり、
コースターや鍋敷きにするのに良さそうです。
来年から教室で織ることができます。
来年から教室では3台が「さをり織り」用で、1台が「4枚綜絖の織り」(ブンデンローゼンゴンや組織織り等)になります。
ブンデンローゼンゴンは時間がかかるので先ずはコースターから織っていただきますね。
今まで通り、「さをり織り」や「さをり服のお仕立て」もあります。
電話かメールで予約を入れてくださいね。

今日の織り姫様(カード織り)

今日は初めて教室で「カード織り」をやりました。

これは「さをり織り」ではありません。
今秋から私はいろんな織りに挑戦中なのです。
もちろん「さをり織り」が私の原点でこれからもずーっと続けていくつもりですが、違った用途によって世界中には様々な織り方がある事に気がつきました。
それは特別な道具や織り機が必要な物もありますが、中には身近な物を使ったり、さをりの織り機でできる物もあります。
ということで「カード織り」はヒモを作りたい時に、身近な材料で簡単にできる織り方です。
今日、Hさんは100 均のプラスチックトランプを使いました。
先ずはトランプを正方形にカットします。
カードの4隅に穴を開けていきます。
一枚ずつ4つの穴の下にABCD の文字をマジックで書いていきます。
糸を2色選んで、今日は1m に揃えて合わせて24本切っておきます。
カード1枚の穴に4本ずつ糸を通していきます。
椅子の脚などにくくりつけて織り始めます。
今日は織り機にくくりつけました。
カードを向こう側にクリックリッと回しながら織っていきます。
手前は自分の腰にヒモを結びつけてクリップで留めています。
おかしい。思った柄と違う柄が出てしまいました(汗)
本当はこの柄になる予定でした。
原因は糸を後ろから入れた時にカードを裏返した事でした。
糸を前から通したり、後ろから通したりしても、カードはいつも同じ面を向けてください。
Hさん、ごめんなさい。
次回はちゃんと思ったデザインが出るように気をつけますね。

カード織りをやってみたい方はプラスチックのトランプを持ってきてください。
約3時間でできます。
料金は半日分の会費1000円➕指導料2000円(材料費込み)=3000円です。

2017年9月27日水曜日

再び4枚綜絖の組織織りと新たにカード織り

皆さんが織ったり縫ったりしている間に私は新しい組織織りに挑戦です。
足を踏み替えるだけで違った模様になるのが面白いです。
そして今日は新たにカード織りなるものに挑戦しています。
自分の腰に結んだタテ糸にヨコ糸を入れてカードを回転させていくと模様ができてくるのです。 
楽しいです。
もう少し極めてから希望者には伝授いたしますね。
しばしお待ちください。

先週の織り姫様

この日は祭日で盛りだくさんの一日でした。
HさんとNちゃんはお仕立てを頑張りました。
Nちゃんはさをり織り2着目のお仕立て。今回はぶかぶかパンツに挑戦です。
完成しました。
後ろのラインもきれいです。
2着目も大成功でした。
Hさんのジャケットはトルソーに着せながら形を決めていきます。
最初、夏用に半袖のジャケットを作る予定でしたが、いつの間にか朝晩が涼しくなってきたので途中で長袖に変更して織られました。
とても柔らかい化繊と綿の生地で柔らかくて優しいジャケットの完成です。
そして、チュニックとスカート用の生地を2日かけて織っているOさんです。
5m近くの布が完成しました。
2色交差が効いた素敵な布の完成です。
仕上がりが楽
尼崎から来てくださったMさんは、チュニック用の生地とティッシュカバーを作りました。
そして午後から参加してくださったAさんはタペストリーを作られました。
教室の隣の空き地でタペストリー用の枝を探すOちゃんとAちゃんです。

草木染めやりました。

告知せずにやってしまい申し訳ありませんでした。
次回からちゃんと告知しますね。
今回は先ずKさんのお庭で採れた藍の生葉を使い、乾燥させた物とレンジでチンした物を合わせて「藍の生葉染め」をしました。
藍の生葉を直接布に写してから染めに入ります。

きれいな緑色です。
これを干して酸化させると青色に変わります。
きれいなブルーになりました。
Kさんはビー玉を輪ゴムで留めて模様をつけます。
生葉は葉によって色が違うんですよね。不思議です。
Hさんのスカーフもきれいに染まりました。
シルクのスカーフはきれいに染まります。
Oさんのしぼり模様もきれいに出ています。
タコ糸で縛ったり、
割り箸で挟んだり、先が丸い洗濯バサミでとめたりして模様をつけます。
去年いただいた甘栗の皮です。一年以上冷蔵庫に入れたままにしていたものです。
1番手前がミョウバンでアルミ媒染したものでその隣が鉄媒染です。
媒染で色が全く変わるのも面白いです。
甘栗の皮の染め液に豆乳につけたガーゼの布をつけているところ。
串に刺したおでんみたいですね。
今回は我が家の庭の笹の葉でも染めてみました。
鉄媒染でやっとベージュ色です(手前から3番目)アルミ媒染はとても薄い緑色でした。
そして、午後からKさんと2人で紅花染めもやってみました。
紅花は先に黄色の染め液を十分出してから赤色に染めることができます。
この日は、一応黄色の染め液で染めてみました。
後日赤色染め庭の挑戦する予定です。
身近にある植物でやる草木染めは本当に楽しいです。
媒染も錆びた鉄くぎや庭の草木を燃して作ったり手作りでできるのも良いです。
次回は春に桜の枝で桜染めをしますね。
草木染めは気候によって植物の成長が変わるので早めに日にちを設定する事が出来ません。
急な告知になると思いますが、興味のある方は早めに申し出ていて下さいね。
事前に申し出ていただいている方を優先的に参加させていただきます。